こんなウミガメ探しています!

三宅島周辺海域でも近年多く観察することができるアオウミガメ。

関東近海で見られるアオウミガメの8割以上が小笠原産である事が

調査結果で分かってきました。




三宅島周辺の個体は未成熟の個体が多く、繁殖しに上陸する成熟個体の

生態はある程度分かってきましたが、巣立っていき繁殖までの間の生態は

まだ分からないことがほとんど。


そこで、甲羅にリビングタグと呼ばれる(腹側と背側の甲羅の一部を逆に

つけたタグ)

タグが付いている個体をさがしています。

ダイビング、シュノーケリング、釣り、ドルフィンスイム、スピア

フィッシングされる方、ぜひご協力ください!


発見された方は小笠原海洋センター(NPO法人エバーラスティングネイチャー)

までご連絡よろしくお願いします。


https://www.elna.or.jp/support_citizen-volunteer/






閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示